家賃滞納ガイド TOP → 関連書類の書き方 督促状の書き方

督促状の書き方

督促状は、催促状よりより厳しい書き方で、支払いなどを催促するために書く書状です。

通常は1回目の催促は催促状で行い、2回目など催促状でやんわりと催促したにも関わらず支払いがされない場合などに督促状を使用します。法的な手続きを開始する場合には、普通郵便ではなく、この段階から内容証明で送ります。

通常は、催促状に記載した締め切りを1週間程度系かしてから督促状を郵送するのが普通の手続きとなります。

主な内容は、繰り返しお願いをして恐れ入りますが、支払い予定日をお書き込みの上、ファックスにてご返送くださいということと、至急お支払いいただきますようお願い申し上げますという事になります。

さらに、指定期日までにご入金いただけない場合は、やむを得ない状況として法的な手段をとるということや、遅延損害金や遅延利息、そして請求手数料などを加算させていただく事もございますので、ご了承くださいと、事前に申し立てておく必要があります。

原則、発行日などの情報や差出人なども明記する必要があります。

通常の取引をしていて、問題がない取引先の場合、こちらからこのような書状をだしたら、すぐに連絡があります。連絡が先方からくる相手に関しては通常支払ってくれる可能性が高いのですが、回答をくださいという文面でも連絡をこちらからしないと返事をしない相手先や居留守を使ったりする場合、経営状態が厳しくなっていることが見受けられますので、催促状に関してはスピード感も必要となってきます。

アパート経営に関しては、書状を出しつつ、訪問も必要となります。

関連書類の書き方

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/