家賃滞納ガイド TOP → 関連書類の書き方 催促状の書き方

催促状の書き方

催促状の記載には、催促状の項目を上から読みましても色々な場所があります。それぞれに関して注意すべき点がありますので、一つずつ説明します。

まずは宛先になります。会社対会社の場合は、会社名を宛先にする場合が多いですが、先方の代表取締役様宛でしたり、担当部署様宛で宛先を記載します。例えば○×商事御中、もしくは○×商事経理部などになります。

発行日に関しては、かならず記載が必要です。

先方からのお詫びや支払い日の連絡がきた場合にも、どの催促状に関する連絡なのかが明確になりますので、便利です。さらに、原則として催促状の場合、ほぼ初回の催促を想定していますし、うっかりの支払い遅れであれば、すぐにお詫びの連絡がきて、支払いしていただけるケースがほとんどですので、相手の事情に理解を示す文章を本文の中に入れておくようにします。

ご利用内容が、今回の催促状がどの取引や契約の支払いに関する催促なのかを明確にする必要があります。例えば、家賃滞納の場合あれば、何月分の家賃の支払いが送れていると明記する必要があります。そして同時にこの催促状を見れば支払い金額や振込先などすべてがわかるように、振込先も明記しておきましょう。そして色々な事情で支払い期日から数日ずれてしまって確認の関係でずれてしまったときのことを想定して、前もって詫びをいれておく一文も追記しておきます。このように最新の注意をはらった催促状を作成して必要に応じて送ってください。

関連書類の書き方

遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!