家賃滞納ガイド TOP → 関連書類の書き方 催促状とは

催促状とは

大家として入居者を選んでいたとしても、家賃を滞納してしまう入居者がいた場合、催促状を書く必要があります。まずは、催促状とはというところから説明します。

催促状とは支払いなどを催促するために出す書類です。

例えば、今回は家賃滞納という関連での催促状になりますが、通常ビジネスでもよく使用される書状で、これまでのおつきあいがあるビジネス相手と大げさに問題にしたくな場合も催促状ですます場合があります。さらに、この催促状よりもう少し法的に手続きを踏む段階に入った場合は、督促状という文章になっていきます。

催促状は、通常支払い期限をすぎた場合に出しますが、締め切りぎりぎりに支払った場合を考えると、確認をするのに日数を要する場合もありますので、通常は1週間程度経過してから催促をするのが一般的になります。

催促状を書く場合は、原則的には相手との基本関係を崩すことがないことが前提になります。そのため、表現などがとても穏便な形での催促になります。このまま支払いがされない場合は、次の督促状というより厳しい内容の書状を出す事になります。

文例は、例えば、いついつ末締めにてご請求させていただいておりますが、支払い期日をすぎましても入金の確認ができておりません。念のためご確認の上、至急お支払いをいただきますようにお願い申し上げます、と言ったように、とても丁寧な表現となります。さらに本状と行き違いにご入金の場合は、何卒ご容赦くださいといったような形となります。

関連書類の書き方