家賃滞納ガイド TOP → アパート経営と家賃滞納 賠償問題

賠償問題

最近では、家賃を数ヶ月滞納した居住者が家賃保証会社に対して損害賠償を要求しました。

理由は、家賃保証会社の従業員がこの居住者の家の鍵を無断で変更し、室内の荷物を撤去したことに対するものです。大家さんの立場からすれば、心情的には鍵を変更するという行為自体は理解ができるものですが、一方的に居住する権利を奪う事が違法とされている日本では大変厳しい状況にあります。

基本的に一旦契約した契約を解除するには、保証会社を含めて、一方的に解除することができません。以前は、滞納者の数も少なく、それほど強制的な退居も少なかったのですが、現在では保証人システムも変更してきたため、家賃保証会社が自己の利権を守るために、強制退居まで引き受けている場合があります。

訴訟も多く起こっており、保証会社に委任状をかいた大家さんも含めて損害賠償を求められています。

このような状況に対応するためにも、慎重に家賃滞納に関しては対応する必要があり、選ぶ家賃保証会社に関しても、保証会社の経営状態も含めてしっかりと確認する必要があり、今後のアパート経営に関しては、厳しい状況が見えてきました。

さらに、今後、居住者を一方的に強制退居させる際においての規制も行う法案の検討が始まっており、アパート経営に関しては大変厳しい状況が予測されます。

賠償問題になってしまっては、結局それでなくても家賃を滞納されて困っている大家さんにとってはさらに被害が拡大することになってしまいます。被害を拡大しないためにも、そのような法案が通ってしまった場合、なかなか契約事態が難しくなるでしょう。大家さんに関しては、より慎重な審査が求められます。

アパート経営と家賃滞納