家賃滞納ガイド TOP → アパート経営と家賃滞納 家賃回収効率アップ

家賃回収効率アップ

お部屋を借りるというのはとても消費者にとって有利な条件になっています。

大家さんにとっては不利な契約になっています。なぜならそれが生活の基礎となる大切な行為だからです。実際、消費者保護法や借家に関する法律などで、家賃滞納したからといって、すぐにイコール追い出せるかというとそういう事情になっていません。大家さんのようなアパート経営者にとってはとても重要な問題になります。

実際空室対策がすばらしくできていても、家賃の回収がスムーズでなくなり、滞納が始まると本当に色々大変です。経費がかかるだけでなく、手間や時間が大幅にかかってしまう事になります。

ある程度以上の数の物件があると、一定の割合で必ず滞納する人がでてきます。

もちろん今まで記載したように保証会社に加入させて滞納のリスクを軽減することができます。それ以外の方法では、自動引き落としで家賃を払ってもらうという準備をする事もできます。この場合、銀行口座に残っているお金があれば、引き落としができますので、うっかり支払い忘れに関してはずいぶん軽減されることになります。

さらに、契約自体の内容を定期借家契約という形態の契約を利用すれば、基本的にその期間が終われば、再度契約ということになりますので、そうでないと契約期間の終了とともに契約を完了することができます。

基本的には騒音や家賃の遅延などの問題がなければ、そのまま契約延長も可能になりますが、通常の契約とちがい、何か問題があったら契約満了ということで終了することができます。

アパート経営と家賃滞納

プレラン
プレランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!