家賃滞納ガイド TOP → アパート経営と家賃滞納 営業マンを知る

営業マンを知る

仲介会社にいる営業マンを味方に付ける事が、物件の空き状況を改善する一番の近道です。

まずはもちろん空室状況を知ってもらう事になります。まずは紹介されるように働きかける事が大切です。そのときに営業マンもやはり色々な物件を紹介するわけです。最終的には成約しないと仕事になりません。より成約率が高い物件を最終的に案内し、成約につなげるように動いていきます。

営業マンのおすすめの物件の場合、中には当て馬的に比較用におすすめする物件もあるし、実際成約に持っていきたい案件もあります。その特に当て馬として利用されるわけではなく、成約したいところででてくる物件として扱われるようになれば、物件としては空室も少なく運営することが可能になります。リニューアルするならば、決めやすい物件の条件と決め物件として案内してもらえるようにもっていくことが大切です。

実際は、インセンティブを渡して営業マンに成約してもらっているところもありますが、それが不動産仲介会社によっては禁止時効になっております。それを違反していた場合、逆にそれがマイナス効果になる場合もありますので、インセンティブに関しては十分注意して進めるようにしましょう。

その地域で不動産仲介会社ごとに有力な営業マンさんがいらっしゃいます。その営業マンさんの何割が実際に自分の管理しているアパートの案内をしてくださって、成約してくださるか、それがキーポイントになりますので、自分の足で歩いて、訪問して、空室営業をお願いするようにしてください。

アパート経営と家賃滞納

ヘキストラスチノン
ヘキストラスチノンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!