家賃滞納ガイド TOP → アパート経営と家賃滞納 案件紹介数のアップ

案件紹介数のアップ

スムーズに案件紹介してもらい空室を減らすためには、不動産仲介会社に案件を知ってもらう必要があります。

まずは、ファックスでその地域の不動産会社さんに空き物件の周知徹底を行います。ファックスは定期的に送り、必要な物件情報を伝える事ができます。そして、このファックスで送る事のメリットがあります。原始的な方法なので、一見非効率に見えますが、どの不動産屋さんでも対応してくれるメソッドなので、幅広い不動産屋さんに情報を送る事ができます。

さらに、定期的に以前部屋を決めてくれた営業の方と定期的に連絡をとって、電話でお話することも大切です。

物件の良さや、物件の売り込みポイントなどを知っていますし、さらに要望があったら、それをかなえてあげると空室をさらに埋めるように案内を増やしていただける事も多くなります。リフォームが完了したときや、空き予定がでた場合に、力のある営業マンとお話してご案内することは大切な案件紹介数のアップにつながります。

さらに、実際に不動産仲介会社を訪問して、エリアや物件のヒアリングをし、今後の戦略をたてたり、親近感をもってもらったり、今後有力な営業マンになりそうな方を発掘したりすることが大切です。

例えば、物件近辺の生活マップを作って、営業に役立ててもらったり、入居希望者に説明していただいたり、さらに実際物件管理者を知る事で、やはり案内自体が増える事も多くあります。その地域全体の不動産仲介会社さんに徹底して空室の周知をすることが大切です。地味な作業も多いですが、物件を案内してもらうことは空室を埋めること、すなわちアパート経営においてとても大切な動きになります。空室がある程度以下であれば、経営がスムーズになります。あとは家賃滞納者の対応と日々のメンテナンスという業務に集中できます。

アパート経営と家賃滞納

http://www.dr-m.co.jp/