家賃滞納ガイド TOP → アパート経営と家賃滞納 空室と家賃滞納

空室と家賃滞納

やはり大家さんにとって、家賃滞納と同じくらい問題なのが空室問題です。家賃滞納者になる可能性のある人を入れたくない反面、空室も同様にアパート経営においてはリスクの一つです。

入居者というのは、原則的に案内がたくさんあった不動産から埋まっていきます。たくさんの案内がある不動産からどんどん決まっていくものなので、どれだけ案内してもらえるのかが大切なポイントの一つになってきます。どんなすばらしいリフォームをして完璧なお部屋でも、案内してもらえないと埋まっていきません。まずは、案内の数を増やしてもらう事が先決になります。

案内の数が多いのにも関わらず、全く成約しないということになったら、始めてお部屋の問題があるという結論になります。その場合は、金額とお部屋の内容で改善できる部分があるのかを検討する必要があります。その場合、やはり費用対効果をよく検討する必要があります。費用をかけすぎてすばらしい部屋ができあがっても、高すぎるとマーケット自体をせばめてしまうことになります。すなわち、あまりコストをかけずにより競争力のあるお部屋を作る事が大切になります。

実際、お部屋の案内が増えてきた場合、その案内をする営業マンに入居希望者の要望を聞くと最近のニーズが吸い出せます。ニーズはそのときの流行もありますので、定期的に確認して情報を更新しておく必要があります。ちょっとしたことで、入居希望者が増えたり、掲載写真の取り方一つで案内が変わったりするので、そういうイメージも大切にしましょう。

アパート経営と家賃滞納

抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!

ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/