家賃滞納ガイド TOP → 賃貸契約と諸経費の問題 連帯保証人に関して

連帯保証人に関して

アパートを借りる際には必要となってくる連帯保証人ですが、連帯保証人はどんなに仲良くしていても絶対になるものではありません。

基本的には本人と同じ責任をとる保証をする物ですので、通常は親などの近い親類関係にお願いすることになります。家賃滞納においても、もし自分が連帯保証した借り主がいなくなったり支払いができない場合は、それがどんなに急であっても、連帯保証人のところに連絡があれば、支払う必要があります。

さらに、一度連帯保証人としてひきうけてしまうと、その後その同じ契約が更新されるたびに何年も同じ保証を引き続きする必要があります。それはその連帯保証人がその更新を認めていなくても、基本的には同じ契約が勧められてしまう事になります。

現在では基本的に大家さんの権利を守るために、連帯保証人がたっていても、家賃保証会社を入れるように言われてしまいます。色々と保証会社の問題が取り上げられていますので、慎重に対応できるならばしたいところですが、大家さんのリスクの軽減にはなります。実際家賃が支払えない事態が発生した際も、保証会社が入っていれば、大家さんにとってはリスクが軽減されますので、安心感が高まります。

連帯保証人に関してですが、例えばその契約は、その当人がなくなった場合、相続した方に続きますので、夫が友人の連帯保証人になっていて、その夫がなくなっている場合でもその相続人である奥さんが、連帯保証人ということに自動的になりますので、支払いの義務が発生します。この手の契約はなくなっても相続されることで続いていくので慎重な契約が必要です。

賃貸契約と諸経費の問題

歯科衛生士採用ページ 。岐阜市北島 りお歯科クリニック
http://www.rio-dc.com/sd/eiseishi

パナルジン
パナルジンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!