家賃滞納ガイド TOP → 賃貸契約と諸経費の問題 欠陥住宅の家賃

欠陥住宅の家賃

欠陥住宅や入居の条件と実際の部屋の条件が違うなどという理由で家賃を支払うのを拒否している状況がある方がいるようです。

テレビが正しく映らなかったり、水漏れが色々なところでしてきたりする場合も聞きます。いくらこのような状態があっても、家賃を払わないという抵抗をすると、大家としては、家賃滞納という扱いになり、明け渡しにつながってしまいます。この部屋に住み続ける意思がある場合は、多少長期戦になったとしても、家賃の不払いという行為はやめておいたほうがいいと思われます。

欠陥住宅で、ネットの配線がおかしい、水回りの請求額がおかしいなど、見えない場所で欠陥住宅が発生している場合は、やはり長い間をかけて修理をするより、新しいアパートを時間をかけて探す方が懸命です。

実際、本来は大家さんがすべてを修繕して行く必要がありますが、居住者としてはその費用を自分で負担するより、新しいアパートを借りてしまった方が何かと問題がすくないということになります。大家としても、欠陥住宅をたててしまった場合、修繕などに非常にお金や手間がかかってしまい逆に経営が成り立たない事になってしまいます。

納得できないお金を払いたくないのは非常に正しい考え方だと思います。通常は水回りに関しても正しく使える状態にしてあるべきです。納得できないお金を払いたくない気持ちは、大家も同じです。居住者も大家もお互いに気持ちいい物件で気持ちよく住める物件を建築して、しっかりと家賃を支払う方に、貸し出して、正しく貸し借りがなりたつのが最善です。

賃貸契約と諸経費の問題

ナースサンダル 黒
黒のナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

中古iphone携帯買取東京
http://mobileone.co.jp/