家賃滞納ガイド TOP → 賃貸契約と諸経費の問題 敷金の返却について

敷金の返却について

退去後のアパートの現状復帰に関してもなかなかトラブルや訴訟が耐えません。

さらにひどいケースになると、判決が確定しても大家さんが返還を拒むケースもあるということです。さて、では敷金とは何でしょう。通常、経年劣化といわれる普通に使用している中での劣化は、特に追加の費用が発生しないことになっていますが、敷金はそれ以外の費用が発生した際の、保険の代わりに使用される費用となっています。

敷金から差し引かれる費用は、通常は壁紙の張り替え費用や、クリーニング代ですが、経年劣化が費用として含まれるわけですから、壁紙の張り替えも特に前の居住者の責任ではありません。しかし、バブル時代からの流れで経営されている大家さんによっては、消費者と感覚が違い、今までどおり請求されている方も多くいらっしゃいます。

最近は、少額訴訟などを居住者が使って、大家さんを訴えるケースも出てきていますので、敷金からの清算に関しても、とても厳密に見積もりなどを聞かれたり、退去後も色々なコミュニケーションをとって居住者とやり取りをすることになります。内容証明郵便などで、必要のない見積もりや見積もり内容が高すぎるなどという交渉をすることになります。

今までは、比較的言い値で通ったそのような作業に関しても、現在は消費者である居住者の目がどんどん厳しくなっておりますので、大家さんとしては普段から、安い業者を調査しておくこともアパート経営では大切な業務となります。

賃貸契約と諸経費の問題

スクラブ 医師
スクラブの医師なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ドネペジル
ドネペジルなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

鹿児島空港 レンタカー
http://www.dgachn.org/