家賃滞納ガイド TOP → 賃貸契約と諸経費の問題 定期借家制度

定期借家制度

最近はゲストハウスなど期間が決まっている借家制度の適応が増えてきています。

この場合、大家にとってはとても有利な契約になりますが、借り主にとっては、不利な契約になります。この定期の契約をしますと、大家は契約満了とともに契約条件を変えたり、新規契約を毎回することも可能になります。通常の契約と違い、更新手続きさえとればずっと住み続けることができる契約と違い、定期とついていますので、この契約は満了になれば、契約を終了することができます。

ゲストハウスなどは、入居の条件も比較的に緩く敷金などがないため、若い方に人気がでている物件ですが、ゲストハウスの場合、人間関係などに問題がでる場合もあり、退居も比較的簡単にすることができます。

管理会社は定期と期間をさだめることで、家賃滞納や色々な入居者の問題を解決する際に、契約満了や再契約の拒否が可能になることで、強制退居や法律の手続きを簡易に有利に進める事ができます。

通常のアパートを借りる際は、借り主にとても不利な契約になりますので、お勧めしません。しかし大家としては、物件の一部を定期借家契約にしているところも増えてきています。それは、あくまで家賃滞納やその他の問題のリスクをヘッジするための処置で、消費者としてはいやな契約ですが、大家さんの権利を守るためにはいい制度といえるでしょう。中には定期借家というものに関しての理解がない方も多いので、しっかりと契約の際に説明が必要となります。

賃貸契約と諸経費の問題

http://www.dgachn.org/
レンタカー 鹿児島空港ならこちら

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

ディレグラ
ディレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!