家賃滞納ガイド TOP → 賃貸契約と諸経費の問題 賃貸契約の相続について

賃貸契約の相続について

色々な状況があり、賃貸の契約に関して、諸問題があります。

その中の一つは、賃貸契約についてです。中には、親が借りていたアパートや家があり、両親がなくなった方が、大家さんより、賃貸契約を解消するか、新規の契約のどちらかを迫られているケースを聞きました。

この借り主は契約を続行して、このアパートを借り続けて住み続けたいとのことです。このような問題の場合、本来は大家さんも賃貸契約に関してその契約内容が相続されるかどうかの知識が必要となります。この大家さんは、契約の相続に関しての知識がなかったのかと思います。実際、大家さんとして経営をする限りには そのような契約にまつわる関連の法律知識に関しても、勉強が必要になります。

この場合、その大家さんには残念なお知らせですが、実の子供、そして内縁関係にある事実上夫婦に関しても賃貸契約は相続されます。なので、特にその借り主の方がその権利を放棄しない限り、通常通りの家賃で、住み続けることができます。

基本的には相続権がある人が住んでいた場合は、相続が認められすべての債券も含めて相続が確定します。新しい契約をする必要も新しい家賃を決められる必要も敷金を積み直す必要もありません。大家さんとしてはその方のお父様やお母様と契約はしたが、その子供とはしていないと思ってしまったのかもしれませんが、相続してしまいますので、長く住む方にとってはより住む権利が強く認められる事になります。

日本では、基本的に人の住むという権利を手厚く守る法律になっていますので、貸す方にはあまり有利な話ではありません。

賃貸契約と諸経費の問題

事務服 ベスト
事務服のベストなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

http://www.cocosab.com/結婚式 招待状