家賃滞納ガイド TOP → 賃貸契約と諸経費の問題 マンション契約の申込金

マンション契約の申込金

マンションの契約の申込金に関して、預かり金を求められる事があります。

これに関しては、実際の契約に至らない場合、返却されるべきお金ですが、それが返却されない事態がたまにおこっているという話です。

例えば、ある人が、新居を探しているときに、不動産紹介業の会社をたずね、いくつかのマンションをみてまわった際、気に入ったマンションを見つけました。人気の物件なので、部屋を押さえる必要があるということで、1ヶ月分の家賃を支払いました。

しかし、その後、状況がかわったので、申込金を返してほしいと依頼したところ、断られました。このように預かり金をめぐり通常は、受け取りの際にその内容と返却がないことを書面で了承されておくべきなのですが、これがされていません。なので、宅建建物取引業法のなかで、預かり金の返還の拒否の禁止というのが定められています。

ある一定の額の支払いを求めてキャンセルすることを防ぐ目的のため、申込金などの名目で預かっているお金に関しては一律返還に応じることを義務づけています。悪質な業者に捕まってしまった場合は、国民消費者センターなどに相談すると、事例がたまっており、指導をしてくれますし、すんなりお金が帰ってくる事例も多く見受けられます。

アパートに関しても、契約の内容がすでに違法性がある物の場合、たとえば特約で記載されていても、契約書の内容がおかしければ、無効になる可能性がありますので、自分で判断するのではなく、専門家のアドバイスを受ける事が大切です。

賃貸契約と諸経費の問題

http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/


ナースシューズ アシックス
ナースシューズのアシックスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!