家賃滞納ガイド TOP → アパート経営の基礎知識 生活困窮タイプ

生活困窮タイプ

家賃滞納者の中には色々なタイプがありますが、まずは生活困窮タイプです。このタイプは、支払いをする意思はあるが、何らかの事情により実際支払うお金がなく支払いができなくなってしまっているタイプになります。理由は様々で多岐に渡りますが、例えば急なリストラや減俸がなんらかの事情でおこり、家賃の資金繰りができなくなる場合や、急にまわりの経済環境の変化に巻き込まれて予測できない事態に鳴っている場合や、病気などでどうしようもない状況に陥ってる場合などがあります。

大家として考えるべき事は、このタイプは、原則的には不真面目でお金が払えないのではなく、どうしてもちゃんとしていても作れていないという状況が考えられますので、おそらくお金をとりたくてもとれないという風に判断すべきでしょう。

対策としては、滞納家賃を回収をする方向ではなく、すみやかに契約を解除して、退居をしてもらうように働きかけることをお勧めします。

実際、退居してもらうようにお願いしてスムーズに退居されない場合は、強制退居ということになりますが、この場合は、法律的にも段階を踏んだ処置が必要となりますので、時間に余裕をみて着実に進める必要があります。

考え方としては、原則的にお金がない人から、お金をとるプレッシャーをかけてお金をとる事を考えるよりも、そこは今以上の被害を出さない方向に手を打ちつつ、お金を作っていただくようにすることが懸命です。

実際、ない人がお金を作る事はこの不況の中非常に難しいです。中には、退居のお話をした時に、友人や親戚から借りて払うから少し待ってくれなどの説明を受けるということもありますが、基本的には信憑性が低いと考えられます。

残念ながら、 不況が続くと家賃滞納者も増えます。最終的にはどんな保証を使っても、リスクは大家さんに戻ってきます。空室のリスクと同時に慎重に対応していく必要があります。苦し紛れの居住者が色々いう言い訳を全部まともに聞いて信じてしまうと、結局退居をお願いできなくなってしまいますので、しっかり大家として自分のリスクを減らすようにしましょう。家賃滞納に関しては心を鬼にして、しっかりと家賃回収や必要に応じてのプロセスをしっかりと進めましょう。

アパート経営の基礎知識

ノベルティ
ノベルティ景品など

ヘッダー付き袋印刷OPPテープ付き袋 規格袋
http://www.sideseal.jp/

コンプラビン
コンプラビンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

犬と泊まれる宿 那須
犬と泊まれる宿を那須でなら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!