家賃滞納ガイド TOP → アパート経営の基礎知識 空室と家賃滞納

空室と家賃滞納

駅からの距離や他の物件との競争で入居者が決まります。

大家さんとしては実際空室が埋まらないと経営もなりたたなくなってしまいますので、空室を埋める事に必死になります。しかし、ある程度は空室率を見込んでおかなければ、ニーズが少ない場所でのアパート経営は成功しません。例えば、駅から何十分も歩き、安全ではない地域で女性ターゲットのマンション経営をするというのは大変難しい状況になります。

実際、物件を購入した後では、駅からの距離というのは改善できません。

そのため、家賃を下げていく事になってしまいます。家賃滞納などにいたる入居者さんはやはり所得が低めの方が多いため、高級物件である方が、家賃滞納の問題の発生が少ないという傾向があります。そのため、家賃や入居条件を少し高めに設定するという対策が家賃滞納対策の一つとしてあげられます。しかし、家賃だけ高めに設定している場合、実際借りてくれる人もいなくなる可能性がありますので、やはりそれだけの付加価値が必要となります。

付加価値に関してですが、基本的には簡単なリフォームなどで、入居者にとって魅力のある物件作りをすることになります。あまりリフォームにお金をかけすぎて、とても魅力ある物件にはなったものの、入居者を探すのに何ヶ月もかかってしまっていれば、結局その方が損失が大きくなるため、リフォームをもとにすぐ入居者が決まるような物件作りが必要となります。

少し所得が高い方にとって魅力ある物件作りをどのようにプロデュースするのか、そしてその魅力は時代によって変わっていきますので、その変化にスピーディーに対応することが求められます。

アパート経営の基礎知識

カーテン インテリア
モンルーペジャパン