家賃滞納ガイド TOP → アパート経営の基礎知識 アパート管理会社

アパート管理会社

アパートの管理は、不動産管理の代行会社に依頼する場合が多いです。

アパート経営をするには色々な業務が発生します。例えば、家賃管理です。家賃滞納への対応や更新時の家賃の交渉、敷金などの返還が含まれます。入居者の募集と一緒に管理会社に委託して経営のサポートを依頼することが多くなります。

入居者募集の場合は、保証人の確認や契約書の作成、更新手続きなども行います。

さらに、一時クレームの対応や、建物の修繕、定期チェックや見積もりから、巡回清掃のような定期メンテナンスまで依頼が可能です。中には、植木剪定の手配や室内チェックなども依頼したりします。退居者がでた場合は、新しく広告を作り募集をかけたりするのも管理会社の仕事になります。

管理会社にもよりますが、家賃滞納者がいた場合、その一時対応や保証人とのやり取りや、家賃保証も、契約内容によっては行ってもらえる場合もあります。管理会社によってサービスの内容が違うので、契約する際に、よく確認を行ってサービスの範囲とその際のコストを算出する必要があります。家賃滞納者がでた際の保証を家賃保証会社に依頼している場合もあります。

実際、アパート経営に関してはこの管理会社の営業マンのやる気によって相当入居率が変わってきてしまう場合も多いです。やる気がない営業マンがついている管理会社は、そのパフォーマンスを大家さんが定期的に確認して、評価し、必要に応じて別の管理会社との契約にする判断を求められます。

アパート経営の基礎知識

サイモグロブリン
サイモグロブリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!