家賃滞納ガイド TOP → アパート経営の基礎知識 アパート経営のリスク

アパート経営のリスク

アパート経営は様々なリスクがあります。このサイトで特に家賃滞納に関して特集していますが、他にも色々なリスクがありますので、記載します。

まずは、不動産投資の場合、損するような物件を購入させられてしまうリスクがあります。そして建物は、必ず老朽化していきますので、定期的にメンテナンスをする必要があります。一定期間がたつと立て直しの検討も必要となります。さらに、日本人はきれいで新しいアパートが好きですので、家賃を下げていかないと入居者がいなくなっていってしまいます。

土地の価格がバブル後下がっていっていますので、売却した場合損になる場合がありますので、土地の価格の変動にも注意が必要となります。大幅に下がっている場所を高い価格で購入してしまうと、大幅に損になってしまいます。

さらに、頻繁にある問題としては空室になってしまう問題です。

空室は、簡単に改善できるようでいて、深刻な大家さんを悩ませる問題です。空室が続けば、ローンの返済などにも影響がでてしまいます。

空きを出さないために人をあまり審査しないで入れると、今度は滞納者という問題があります。空きがなければいいかというと優良な居住者を入れていかないと、結局この滞納の対応で手間がかかり、経費がまたでてしまうという状況もさけられません。

さらに定期的な収入につながることもありますが、すぐ換金する必要がある際、不動産はなかなかすぐお金にすることが難しい投資になります。さらに、ローンの利率が上昇したり、地震や火災などの天災にあってしまう場合もあります。

アパート経営の基礎知識

スルガム
スルガムなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://richidad-office.com/sonota/sonota.html
金持ち父さん貧乏父さんのコンテンツ