家賃滞納ガイド TOP → 家賃滞納の基礎知識 家賃滞納の初期対処

家賃滞納の初期対処

優良な居住者との契約が締結していたとしても、滞納が発生する場合があります。

たとえば、不景気が続いているため、急なリストラや転職などで状況がかわり、今までの家賃が払えなくなる場合もあります。信用ができる人でも細かく状況に応じて、大家としては対応していくことが大切です。

滞納の状態によって、対処が変わってきます。初期家賃滞納の場合は、たとえば入金の約束期日から3日以内になります。この約束日に入金がない場合は、まず電話を入れて状況を確認し、入金をお願いします。

さらに、1週間家賃滞納が続いた場合は、訪問をしたり、状況をみて普通郵便で催促状を送ります。さらに、2週間家賃滞納が続いた場合は、配達証明などで催促状を送り、さらに電話や訪問で催促します。そこで、少し待ってほしいなどの要望があった場合は、必ず誓約書などを取り交わすことが大切です。同時に保証人に連絡し、協力を要請します。

1ヶ月滞納が続く場合は、内容証明を利用し催促などを行います。家賃を滞納して1ヶ月ということですと支払い能力がないということで、契約の解約に関しての話し合いをスタートさせます。入金がなければ強硬手段にでる必要がでてきてしまいますよということを話していく必要があります。

2ヶ月滞納が続く場合は、書類が内容証明で不法占拠と見なしますよなど、段階を経て、契約解除として見なすまでの強制手段をとらざるを得ない状況を居住者に伝えていきます。

3ヶ月滞納がそのまま続く場合は、支払いの意思がないということで、退去に関しての勧告を進めていきます。このような事態にならないように入居者を選ぶ事が重要になります。

家賃滞納の基礎知識

http://www.ngocchauseafood.com.vn/
金持ち父さんと貧乏父さん

ソフラチュール
ソフラチュールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!