家賃滞納ガイド TOP → 家賃滞納の基礎知識 家賃滞納とは

家賃滞納とは

家賃滞納とは、主に借り主が不動産や土地を借りる契約をし、その契約中に、その使用料である家賃や地代の支払い滞らせることをいいます。

家賃は色々な形で滞納される事例があります。滞納は不景気やリストラなど様々な理由でおこり、なかなか仲介の不動産管理会社も対応がいいとは言えません。入金約束の日より何日目かに応じて、対応をする必要があります。

原則的には、賃貸借契約の対価を支払っていないということで、債務不履行の場合の条文に応じて対応する事になります。債務不履行の場合は、契約を解除したりできるような文言が入ってるかと思いますが、その場合は通常専門家に相談すると契約を解除することができます。

さらに、中には賃借人が海外など連絡がとれないところに出張にでて、その間に家賃が滞納になっている場合もあります。基本的には本人が海外で連絡がとれない場合は、その支払いに関してお話し合いができない事になります。

信頼関係が作れない場合や、支払いの意思がない場合も、契約解除することが可能です。そのような場合、契約の解除に関しての解除通知が本人に届く必要があり、通知が本人に届かない可能性がありますので、国内に連帯保証人がいる場合は、国内の連帯保証人に通知をします。

家賃滞納はおこってしまっての対応も大切ですが、やはりおこらないような人を選ぶ事も大切です。このサイトでは、家賃滞納に関する対策だけでなく、滞納が起こらないようにする対策もふれていきますので、少しでも参考になればと思います。

家賃滞納の基礎知識

【楽天市場店:父の日「お酒名入れ」/日本酒ギフトセット/焼酎ギフトセット/梅酒ギフトセット/酒器セット贈り物】
http://www.rakuten.ne.jp/gold/osake-utuwa/

透析 送迎
透析の送迎なら五反田ガーデンクリニック!